【あけボーノ!】~お客様による突撃レポート!!~ かつよし編

おいしい!の曙橋での合言葉、【あけボーノ!】のコーナーです。
いつも商店街を利用してくださっているお客様にレポーターになっていただき、商店街のお店に突撃レポートを敢行します。
このコーナーで突撃する最初の店は「味の店 かつよし」です。
※「味の店 かつよし」は、現在休業中です。再開未定です。

突撃レポーターの紹介

Fujiisan_600   【ふじきみ】
あけぼのばし通り商店街に通って15年。子どももこの商店街に見守られて大きくなりました。
Miyamonosan_200  【みやもっち】
あけぼのばし通り商店街を月に数回利用。この近くのエリアが出身の人間なので、フジテレビ通りだった頃から街の変遷を見てきました。


【あけボーノ!が誕生した瞬間動画】

お店の人の紹介

Okudasan01_150   【奥田さん】
かつよしの接客・出前等を担当し、商店街を自転車で通ると、あちこちから「奥田さ~ん」と声がかかる人気者。消防団員でもあり、街のみんなを守るヒーローです。
あけぼのばし通り商店街の組織である住吉町商工会の副会長にもなっており、街の発展を願ってやみません。

Interview1_600<写真01> 突撃レポートを受ける奥田さん。

 昔は芸能人がいるのが日常

Q かつよしは、いつから曙橋で営業されているのですか?
A 45年ほど前からです。
Q 長く営業してきた中でビックリしたことはありますか?
A

昔はよくテレビの収録に使われたのだけど、一度、2つのテレビ局が一遍にきたことがあったんです。
奥でフジテレビ、手前でテレビ朝日が収録していました。これは、さすがにビックリしましたよ。そんなに広い訳でもない店内が、テレビ局のスタッフや出演者でいっぱいになり、これは大丈夫なのか?と思いながら見ていました。
フジテレビが河田町にあった頃は、テレビの収録に使われたり、芸能人が来たり、スタジオに出前を運んだりといったことが当たり前だったのですが、収録がかち合ったことは、この一度きりでした。

Surprise_600<写真02> お約束のビックリポーズ。
Q フジテレビがあった時期は、やっぱり忙しかったのですか?
A すごかったですね。うちだけでなく、この商店街全体がね。フジテレビ本体だけでなく、子会社や関係する制作会社なんかも多かったですしね。商店街のお蕎麦屋さんなんて、年越し蕎麦の出前が沢山入りすぎて、念仏坂の下のところに中継基地のように人を置き、店から念仏坂の下までの部隊と、そこからフジテレビまでの部隊と、人を沢山雇って2部隊を編成して蕎麦を運んでいました。
Q  店に来た芸能人で憶えている人はいますか?
A  ここはフジテレビの城下町だったので、沢山の芸能人が来てくれていたので、とても全員は覚えていないし、憶えているだけでも大変な人数になっちゃいます。でも、その中でも、よく来てくれたのは「夜のヒットスタジオ」に出ていたメンバーでした。数人で来ては、うちのとんかつを食べてくれていました。
Q  あの頃の歌謡番組といえば、郷ひろみなんかも来たのですか?
A 来てくれていましたよ。郷ひろみさんは、1人でふらっとやってきて、そこのカウンターで定食を食べていました。 森光子さんが来てくれたこともありました。吉永小百合さんも来てくれて、奥のテーブル席で、スタッフなのか数人に囲まれて食事をしていってくれました。大スターには、やっぱり“オーラ”を感じましたね。なんだか、その場の空気が変わるような感じがしましたよ。

FriedOystersTeishoku_600
<写真03> カキフライ定食 1,030円

 カキフライは宮戸島(宮城県東松島市)直送の牡蠣

Q お勧めのメニューはありますか?
A 今の時期なら「カキフライ」ですね。
うちの牡蠣は、宮城県東松島市宮戸島で養殖業をしている私の弟から送ってもらっているので、東京の中でも、これだけ新鮮でおいしい牡蠣を出している店はそうそうないと自負しています。
私の弟のところは、種牡蠣も自分のところで育てているんです。海に回遊する牡蠣の卵をホタテ貝に付着させる種牡蠣の生産は、養殖の中でも難しい作業なので、種牡蠣は他の業者から買い付けるのが普通なのですが、弟のところは、まさに卵から大きくなるまで責任を持って育てているんです。そうして大きく育った、まさに“made in 宮戸島”の牡蠣を毎日直送してもらって提供しています。

oyster_600
<写真04> これがかつよしの“made in 宮戸島”の牡蠣!
Q かつよしの「カキフライ」おいしいですよね! 
全然臭みがなくて、うちの子どもも牡蠣が嫌いだったのに、かつよしで好きになりましたもの。
A いい牡蠣は、プリッとしていて、噛むとじわぁ~っと味が口の中に広がります。そして、後味がいいんですよね。さっぱりしていて、変な苦味が口に残らない。うちで牡蠣が食べれるようになった、というお客様は多いですよ。
Q これだけ新鮮な牡蠣なら生でも食べられるんじゃないですか?
A 勿論食べられます。産地直送ですからね。でも、うちでは生では提供しないことにしています。とんかつ屋なので、贅沢ですが、生でも食べられる新鮮な牡蠣を油で揚げて食べていただきたいと思っています。やっぱり、フライでも新鮮な牡蠣は味が違います。
Q 「カキフライ」は、季節限定で出していますよね。
A そうですね。牡蠣の出荷によるので正確に何日からとはいえないのですが、大体10月~3月に出しています。でも、牡蠣は急に出荷が流通の段階でストップするということがあるので、2月ごろに出せなくなることもあります。早めに食べていただければ、と思いますね。
Q 「カキフライ」が食べられるのは10月~3月とのことですが、その中でも、特においしい旬の時期ってあるんですか?
A 牡蠣はシーズンに入ってからもだんだん大きくなるんです。なので、10月はわりと小粒で、11月ごろからのは大きな牡蠣になります。「カキフライ」のフライの数もそれによって変わります。牡蠣の旬は、11月~1月でしょうか。この時期の牡蠣は、本当においしいです。

Eattime_600<写真05> 「カキフライ定食」と「ハーフ&ハーフ2」をおいしそうに食べる二人

 人気のメニューはセットものの定食

Q 年間を通して、人気のメニューというと何になりますか?
A  やっぱりセットのメニューですね。「Aセット」や「Bセット」が人気です。「ハーフ&ハーフ」もよく出ます。
ふじきみちゃんは、よく来てくれていますが、何が一番好きですか?
Q [ふじきみ] 一番頼む回数が多いのは、やっぱりAセットですね。あと、1,000円弁当。あまり知られていないのですが、これでもかっておかずが入っていて、すごくおいしいですよね。
[みやもっち] 私はふじきみちゃんほどお店には来ていないけど、よく小学校のPTA室に出前を届けていただきましたね。1,000円弁当、私も大好き。あと、ハンバーグもおいしいですよね。
[ふじきみ] そうそう!ハンバーグもおいしい!メンチカツもいけるよね。あと、セットに付いてくるポテトサラダやナポリタン、サラダにかかってるオーロラドレッシングも大好き!

Half&half2_600
<写真06> 人気メニューの一つ「ハーフ&ハーフ2」 1,030円
A ふじきみちゃんは、うちのメニューで食べてないものないんじゃない?
Q [ふじきみ] ないかも(笑)。夜に来たときは、かつ煮を頼んでつまみながらビールを飲むのが最高だし。
[みやもっち] かつよしのとんかつはみんな好きだよね。小学校の卒業懇親会でケータリングしてもらって、大きな皿3つくらいに沢山とんかつやらフライやらを盛り付けてもらったの、あっという間に平らげちゃったもの。かつよしのカツなら何個でも食べられる、なんて言ってた人もいたし。
A ありがとうございます。
Q あと、忘れてはいけないのが、テーブルに置いてある「小梅」ですよ。これ、うちの子どもが大好きで、放って置くとすごい数食べちゃうんです。最近これが置いてあるお店、珍しいですよね。
A スタッフみんな「小梅」が好きなんです。もう30年以上置いていると思います。これがそんなに人気だとは思わなかったですが、これからもテーブルの上に置いておきますので、好きなだけ召し上がってください(笑)。

koume_600<写真07> 隠れ人気の小梅
Q (ふじきみは、「ハーフ&ハーフ2」を完食!みやもっちは、カキフライ定食を完食!)
おいしかったです!! ごちそうさまでした。色々な話を聞かせてくださって、ありがとうございました。
A こちらこそ、ありがとうございました。
かつよしを末永くご利用してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

完食
<写真08> きれいに完食の二人

[編集後記] ()僕もかつよしで、牡蠣を克服しました(笑)。子どもの頃から、親が仕事をしているときに、夕食はかつよしでということも多く、僕も全てのメニューを制覇していると思います。
()取材をしているときに、ふじきみさんの娘さんが小学校から帰ってきて、終わるまで席で待っていたのですが、その10分ほどの間に小梅をパクパクと2~3個食べていました。小梅、恐るべし!

味の店 かつよし

東京都新宿区住吉町9-8
TEL:03-3359-4663
お店入口akebo~no
[新宿ルーペ] http://shinjuku-loupe.info/p/member/774
[食べログ] http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13058567/