曙橋

 名前の由来

「曙橋」は、曙橋駅がある靖国通りの上をまたぐ陸橋として1957年に建設されました。「曙橋」という名前は、その前年1956年に一般公募により決定されました。戦後の復興と成長への願いを込めた名前だとのことです。

 曙橋の思い出

yanagi 【昔、住吉町町会長も務めた大御所】
私が20歳過ぎた頃に開通したのを憶えています。荒木町の芸者さんとかも集まり、盛大なパレードだったらしいです。パレードは見てないのですが、町は盛り上がっていましたよ。
mama_100  【商店街で60年以上お店をやっているお母さん】
私は完成パレードを合羽坂から見ていました。最初に、とびの親分たち、その次に荒木町の芸者さんたち、3番目に祖父母・親・子どもの三代が揃う方々、その後に建設会社や政治家のお偉いさんたちが続く、華やかなパレードでした。

※この「思い出」は、地元の人から聞いた話をそのまま載せており、記憶違いや勘違いなどがあるかも知れません。昔話程度に捉えてください。正確な情報が知りたい方は、必ず自分で確認をしてください。

 曙橋の橋脚の謎

「曙橋」の橋脚は“可動”なのではないかという造りなのです。なぜ、このような橋脚にしたのか?については現在謎のままです。

こういうのって、第三建設事務所に行けば教えてもらえるのでしょうか?

このように、土台が斜めにしつらえており、その上に設置された橋脚がくびれており、その部分が少し動くかのように見えます。
橋脚のくびれ部分の拡大画像です。丈夫にしたいなら、鉄筋コンクリートの柱にすればいいものを、わざわざこのようなくびれを残すような橋脚にするのは、どんな理由なのでしょう?
可動のように見えるくびれ部分は、溶接されています。ここは、動くのか?動かないのか?謎は深まります。
今度は、橋の鉄骨部分とコンクリート部分の境目に目をやると、橋が鎖で止めてあります。
これは、橋の鉄骨部分がコンクリート部分から、ズレ落ちることが有り得るということでしょうか? ズレ落ちても被害が大きくならないために、鎖で止めているのでしょうか?
橋の鉄骨部分とコンクリート部分の境目を横から撮影した画像です。
別角度から、橋の鉄骨部分とコンクリート部分の境目を撮影した画像です。

我らが「曙橋」の謎の答えをご存じの方、
info@akebonobashi.info
までご連絡いただけますと幸いです。

よろしくお願いします。
※コロナが収束して、時間ができたら都庁や第三建設事務所に調べに行ってきます。